手数料0円!信託保全で安心!【サイバーエージェントFX】

2007年04月16日

反発

暴落後、じわじわと戻す相場が続いている。高値を超えるまでは油断出来ないが、買いやすい位置にある東証一部銘柄などは手掛けやすいだろう。指数は、日計りが無難。
posted by さすけ at 18:41| 東京 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パソコンは復活しました。どうも保護機能が働いて落ちたようです。そういえば、落ちる直前はファンが限界で回り続けていました。やっぱり数年も使い続けていれば掃除しないといけないよ〜と、吸排気孔を掃除したら、だいぶ静かになった様な気がします。

日本市場は国外に比べてひたすら弱いですが、これだけ外国の株高が続くと、たまらず連れ高して放れるんじゃないかと思ってみています。今日は少しリスクをとってみました。(まだGMOの信用口座ができないので^^;)
Posted by bar_ at 2007年04月17日 23:29
こんにちわー。
私のほうは株はすでにお休みです。
為替FXは今準備段階でまだ始めていません。

ところでこの相場つきは前にも書いたような外資のカジノ場相場真盛りだと思います。

日経平均のヤフー板に同意見の投稿がありました。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1998407&tid=ffc7pjbf6q3t2a&sid=1998407&mid=1459772

連休の間は株の売買ができないので、もしも連休中か間際に株価が安くなると連休後は売り売りの可能性もあるし、三角合併は容赦のない日本株のぼったくりなのでハゲタカが日本株を高い株価で株式交換して買い占めるのは考えづらいです。

新興銘柄の酷い安値も予定どおりなのでしょうか?
そんなふうなので私は株をしばらくお休みです。
Posted by ハッピー at 2007年04月18日 11:04
それに銀行保有株取得機構の莫大な放出株をハゲタカが激安で三角合併の魔手をもってしっかり狙っていると思います。
(第137回〉銀行等保有株取得機構ってなに?
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/s_guide/sg061018.htm

最近はニンテンドー7974やCDC2410などが株券放出を大量にしていますが、株価もそれぞれですが
問題はそれら放出予定の大量な株をハゲタカはバカ安値で拾いまくるような策略を先物仕掛けや相場操縦で目論nんでいると思います。

それに日本政府はこの銀行保有株をなるべく高値で処理したいし、ハゲタカは三角合併のインチキ株式交換でなるべく安く大量に日本株を買い占めたいと思います。

どちらにしろ大量の株券放出が解かっているのですから日本の株価は高くなっても頭うちかあるいは目先つるべ落としで個人投資家からお金と株券をアメとムチさながら結果的に投げさせるかもしれませんね?

ほんとうにエグイというかハゲタカ外資のカラクリには愛想も尽きますね。
Posted by ハッピー at 2007年04月18日 11:30
とあるサイトからのコピペですが
>▼脅威の「ハゲタカ」リスト15社▼
また一羽、「ハゲタカ」が日本に舞い降りた。しかも新種だ。
既存のハゲタカが食い残した残骸を、事もなげに平らげる。
そんな新ハゲタカがニッポンの舞台に上がった。
セカンダリー(2次投資)ファンドの最大手、英コラー・キャピタルだ。
セカンダリーの獲物は投資ファンドが「企業再生に失敗」した案件。
ファンドは通常、投資先企業の再生に期限を設ける(5〜7年が主流)。
ハゲタカといえども、すべての投資案件の再生は難しい。
そこで、大した儲けがなくとも(あるいは損をしても?)失敗案件を手放そうとする。
そこをセカンダリーのコラーが狙う。
失敗案件の株式を投資ファンドなどから安く買い叩く、いわば「バッタ屋」か。
「セカンダリーの登場で一般的なハゲタカは、これまで以上に日本企業漁りをしやすくなります。
投資リスク軽減につながり、世界的にはセカンダリーが充実すればM&Aは増えます」(金融関係者)
そこに三角合併の解禁(5月)が重なる。
「M&A件数は5割増しになると覚悟した方がいい」(前出の金融関係者)。
サッポロや日清食品などに目を付けるスティール・パートナーズ、
タカラトミーに投資し日本ビクター取りに動くTPG、
オリエントコーポレーションに200億円の出資を決めたコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、
さらにウィルコムを傘下に収めたカーライル、あおぞら銀行や西武ホールディングスに出資するサーベラス、
RHJ(旧リップルウッド)も忘れるわけにはいかない。
「これまでは序の口。すでに日本には大小含め100社以上の投資ファンドが上陸しています。
そして総額40兆円といわれるマネーが日本に投入されようとしているんです。
ハゲタカは、営業利益率が5%を切る企業で資産豊富なところを次々と漁りにくるでしょう」(ファンド関係者)
一口にハゲタカといっても、やり方はさまざま。
企業買収、上場会社の株式取得、未上場会社の株を買い株式公開、不動産投資……。
パターンはいろいろだが、ハゲタカたちが「甘くてうまい」日本企業に虎視眈々なのは共通している。
ハゲタカ天国「第2章」の開幕ベルは鳴った。幕が上がるのも間近だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/3112648/

こんな背景もあるので、5月からの日本株は荒れる展開かもですね。


Posted by ハッピー at 2007年04月18日 12:17
bar_さん

パソコン直ったようで良かったですね。
この時期は例年、連休前後に暴落があったりするので、
気になるのですが、まだ相場は崩れていませんね。
指数だけを上げさせている感じが少々気になりますが。
Posted by さすけ at 2007年04月18日 21:03
ハッピーさん

ハゲタカのセカンダリーがあることははじめて知りました。
情報ありがとうございます。
今後もいわく付きの銘柄はさわらぬ方が良いですね。
Posted by さすけ at 2007年04月18日 21:05
お二人へ

来週にかけてちょっと旅行に出ますので、
コメントに対してすぐにお返事出来ませんが、
よろしくお願い致します。
Posted by さすけ at 2007年04月18日 21:11
さすけさん、了解です。
旅行はいいですね〜^^/
お気をつけて行ってらっしゃいませです。
Posted by ハッピー at 2007年04月19日 10:11
日経は下げ幅拡大の可能性が大きい予感がする。

中国の金融引き締め策、人民元戦略も危惧される
中国金融引き締め 預金準備率0.5%上げhttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20070406mh02.htm

人民元の対ドル基準値、切り上げ後の最高値更新
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=topNews&storyID=2007-04-19T110825Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-256207-1.xml&WTmodLoc=NewsArt-C1-ArticlePage1-2

アジア市場の軒並み安は先暗示だと思うので
目先の雪崩に注意されたし。

キャッシュポジは高めておくほうが無難かも、自己責任でよろしく。
Posted by ハッピー at 2007年04月19日 11:59
ハッピーさん

こんにちは。旅行から帰ってきました。
新興は一足先に自律反発しているところもありますが、
日経は上値重いですね。
Posted by さすけ at 2007年04月25日 12:54
さすけさん、おかえりなさい。
もう連休にはいってしまいましたが、ちょこっと三角合併などのことを調べたりしています。

参考までにいくつか揚げますが、株やる人もそうでない人もこの三角合併問題が始まったら日本社会がどう変化するという危機意識がないうちに日本が本来の日本でなくなりまったくアメリカの植民地のようになってしまうと強い危惧を抱いたりします。

【動き出す三角合併・下】技術流出 歯止め必要
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20070427mh07.htm

アメリカは三角合併の制限条項でしっかり制御できるのに日本はいいようにされ放題なので、アメリカ牛肉輸入とおんなじで・・・このままでは日本がアメリカにまったく侵略されてもなすがままになってしまうのではないでしょうか?

そんな時代の日本株、日本市場は難しい予感もしますね。
とりあえず、参議員選は野党に勝たせてできれば政権交代の早期実現の布石にさせたいですね。
野党もあまり信用ができませんが・・・少しは違うかもしれませんので(笑)
Posted by ハッピー at 2007年04月30日 13:13
またこれを巧みにに阻む外国資本の戦略も大変したたかなものがある
http://www.oct.zaq.ne.jp/gangyou/public_html/tentosen4/tentosen4-v-2.html

わりと最近のコラムですが、いろいろと細かく見抜いていて参考になると思います
Posted by ハッピー at 2007年04月30日 13:27
少し前の資料でも三角合併について次のがありますが
17号 日米投資イニシアティブ
http://taksuma.net/17%20050929.html

丸の内ビジネスマンの独り言;三角合併、外国企業に狙われる企業は?
http://blog.livedoor.jp/marubiz/archives/50641921.html

吉本興業がファンダンゴを完全子会社化・・・ってまだ上場1年ですよ
http://marketneutral.ameblo.jp/marketneutral/entry-10028435868.html

Posted by ハッピー at 2007年04月30日 13:41
ケーズデンキ デンコードーを子会社化
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20061205mh07.htm

買収防止策で国内企業の業界・非業界同士の三角合併も多々あるらしいのですが、2年ほど前ぐらいに各企業が持ち株会社制(ホールディングス)をやり始めていく過程で私もこうなる動きはなんとなくこちらにもコメントしたかもしれませんね。

三角合併の問題点は経済的なこともあるけど、深刻なのは技術や資産がただ同然でかすめ盗られるのもあり、また日本擁護の人の職場が奪われるやら地域社会の人間関係も・・・果ては選挙までも経営主体が外資なのでボスの意向どおりにしないと生活できない状態も真面目な話であり得るかもですね。

自営業で自立できている方の連合がもっと進むとか、外資に狙われない企業形態かあるいはTOBにあってもホールディングスで斬り売り、別会社に転換して人材も技術もカメレオンしていくようなのが頻繁になっていくようにも妄想したりしますね。

いろいろ長く書いてすみませんでした、ちょっと用事で夜まで出かけますので返レスができても明日以降にします。
Posted by ハッピー at 2007年04月30日 14:18
ハッピーさん

情報ありがとうございます。
欧米は、自国の産業を守る方策を整えながら、外国の企業は欲しいというしたたかさがありますね。
優良な企業が青田買いされると、中長期的に日本のもの作りが弱体化する危険性もあると思います。
ただ、ファンド上陸が相次ぐ等、株式市場には当分大きな資金が入り続けそうですね。
Posted by さすけ at 2007年04月30日 19:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。