手数料0円!信託保全で安心!【サイバーエージェントFX】

2007年04月30日

外資系は買い越し

朝方の売買動向では、売り越しを決め込んでいた外資も、トータルでは、二週連続の買い越し。連休後の急落を懸念した個人の売りを外国勢がねこそぎ買い受けるという展開になっている。米株が上昇を続ける中、出遅れ気味の日本株に資金入れはじめているとも解釈出来そうだ。連休明けの動向に注意を払いながら、押し目買いの機会を狙ってゆくタイミングだろうか。
posted by さすけ at 19:09| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすけさん、おはようございます。
ちょっとした情報ですが軽貨急配のホールディングス化に関する背景の悪さの予測・解説を揚げてみます

「三叉路」株式日記;日経ビジネス3月19日号のMSCB関連記事に対する論評並びにつっこみ
http://hiro-hmx.seesaa.net/article/36703922.html
証券新報ダイジェスト
http://www.kabujouhou.com/link/200305sp1.php?boardno=131621

三角合併関連の手口の解明は以前からある低位仕手株の株券増刷・印刷の空売り手法に説明されるように思います。

難しい相場つきはまだ続く予感がします。
株券を増刷して株式併合で売り捌いた挙句に上場廃止などのインチキ企業もまだまだ多く見受けられますので困ったもんです・・・これでは株やる個人投資家もさすがにやってられないと思いますね。

なので訳有り銘柄(特に新興銘柄)は騰がっても当面観察・注意が必要に感じるんですが・・・自己責任でよろしくです。


Posted by ハッピー at 2007年05月01日 08:38
ハッピーさん

MSCB関連の銘柄は避けた方が無難ですね。
Posted by さすけ at 2007年05月01日 22:09
さすけさん、こんにちわー。
アメリカの売春クラブスキャンダルのDCマダムクラブ事件というのも最近のニュースであったのですが、アメリカ政権の雲行きがなんとなく怪しくなってきてる感じがします。

今日あたりのダウが結構下落しそうな予感もするのですが、有りうるだろうダウの暴落の要因はヘッジファンドの決済売りではと思うのです。

それから次のサイトにもあるけど、
いよいよ高まる円キャリートレードの巻き戻しの恐怖
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=715

連日最高値を更新してるダウもそろそろ売りの観もあるし、ブッシュ政権スキャンダルと日本の金利上げなどはダウ暴落の弾きがねではないでしょうか?

連休中の突然の出来事は結構心理的にパニックを起こしやすいかもしれません。

それと日本株は、嵐(混乱)の前の静けさのような気がするのですが・・・思いすごしの勘違いであって欲しいです。

でもダウの上がりかた、日経の動きのどちらも不自然極まりないですからこの相場はやはり嵐の予感です。
Posted by ハッピー at 2007年05月02日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。