手数料0円!信託保全で安心!【サイバーエージェントFX】

2007年05月20日

NYは高値更新

NY市場は先週から変わらず、至って堅調であり、ナスダックは支持線を守り反発に転じ、ダウは高値更新、S&P500は抵抗線を上方にブレイクアウトした。留まる所を知らない勢いである。為替も順調に円安が進んでいる。一方、決算発表が相次ぐ中、買い手が見送りを決め込む東京市場は、市場に覇気がなく、連休明けを嫌気した弱気筋の売りに、なかなか抵抗線を抜けない状況にある。ただ、依然としてチャートは崩れておらず、好調な外部環境を鑑みれば、それほど悲観する状況にはない。騰落レシオが久々に80台を割り込み、いつ反発に転じてもおかしくない状況である。納得の行く銘柄を、安値で買えるチャンスが巡って来ていると考える。
posted by さすけ at 12:22| 東京 ☀| Comment(45) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすけさん、こんにちわー^^/

アメリカは強い動きだし、G8のほうもヘッジファンド規制がうやむやというか思ったほど問題にされない先送りになったのでここからの日本株のどてん上げの可能性も強いかもですね。

ただ、昨日のニュースで次のがあったので新興銘柄問わずまだまだ波乱要因が多いように予感します。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20070519ddm008020010000c.html

騰落レシオの底入れ感から広く買われてもどり高の可能性は高いと思いますが、証券当局と外資の狙いは新興市場の怪しい銘柄の整理・淘汰も兼ねての相場操縦の雰囲気も感じます。

結局いろんな銘柄の上場廃止や統合あるいはTOBに絡む問題が多発するなかで個人投資家の株離れ現象も顕著になると思います。

いづれにしてもそれをチャンスと考えて先行投資で優良な銘柄を厳選して仕入れていくのが正解かもしれませんね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月20日 19:00
ハッピーさん、こんばんは。

私も、新興市場銘柄に関しては、リバウンドを取る程度の短い売買が吉だと思います。

楽天など酷い動きですね。

騰落レシオが良い水準なので、ここは東証一部の優良銘柄の下値を狙いたいですね。
Posted by さすけ at 2007年05月20日 20:19
さすけさん、今の日本株の市場の動きを見て自分はなんか終戦直前のようなイメージすら連想されてしまうのです。

やはり外資の仕掛けがいたるところにあって、MSCBやMSSOを使って借り株で売りくずしたり企業会計や情報開示の厳格化の仕組みも裏では外資筋の圧力がかなりあっての現況なのです。

そして日本の低金利でのキャリートレードとアメリカ株高での三角合併開始という流れです。

個人投資家がどうあがいても仕方ないですから、要はその上をいく投資法をそれぞれに駆使していくべきに思いますね^^/

日本株は経済戦争の激しい空爆さながらの売りくずしののちに敗戦の焼け野原から復活していくですかね・・・またどのくらいの日本の基幹産業の業界が外資に買収されてしまうのでしょうか?

戦後の復興で経済大国になった日本ですが、これから伸びる業種や労働形態はおそらく日本独自の産業で企業という形にとらわれない自営業的なものの縦横のネットワークが主流となりさまざまに発展していくように個人的意見ですが思います。

話が脱線しすぎました、とにかく日本株の今は谷底の焼け野原寸前だと感じます。

ということでさすけさんの仰るようにここは短期売買で優良銘柄の下値狙いに同意です。
あるいは、しばらく株をやめて他の金融商品で資金運用してみたりの予定です。

またその状況・経過をご報告しますね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月20日 22:23
そうですね。日米の金利差はまだ続きそうなので、資金の一部をFXで運用も良いと思いますよ。
Posted by さすけ at 2007年05月20日 23:57
さすけさん、おはようございます^^/
そうですね。次のコラムにも今の日本株に関してのまとめのような意見が載っていました。
日本の新興市場・・・5月18日の記事とか、何故金マンフクロは不二家株を大量取得するのか記事
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/m/200705

個人投資家の株離れ現象と証券会社、証券・金融当局にようる自己売買全盛市場での株価吊り上げと外資大口の市場寡占傾向・・・それでも経済、金融の世界は世界戦なので個人投資家も世界戦のマクロな視野をほどほどに持って勝ち抜いていくべきにも痛感しますね^^/

ただ、日本の内部は格差社会から人口減少等(凶悪事件多発、家庭崩壊、自殺者増加、更なる少子化)が予想されるので・・・今の米の傀儡政権ではなんともなりませんけどね。

それでも一縷の希望の光はネットワークでの新しい風が広く浸透して個々の意識改革が日本人にとって良い方に真の改革が進むことかもと妄想したりします。
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 08:23
FX為替で参考になるかもしれないサイトですが
初心者のための先物取引/為替FX・・・
http://www.next-futures.com/

ところで、今のブルーグバーグ放送で中国の今度の金利上げでもしかすると中国株が大きく下落する可能性があるとあったんですが・・・今日の中国株市場には注意かもです。

もし中国株などお持ちでしたらポジションは自己責任ですがなんとなく軽めがよろしい感じもします・・・中国の個人投資家は熱中崩壊型で全体的に動くような傾向を感じます=どちらかに極端に行きやすいし国(党)の絶対監理市場ですから・・・博打の胴元と博打客の関係さながらかもです=中国当局も株暴落で冷まし効果を暗に狙う意図があるような気配も感じますね?
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 08:59
次もFXをやっている人のブログですがなにかと参考になるようです。
http://kawasenikki.blog69.fc2.com/

為替の動きの背景もいろいろですね・・・。
通貨の力学のバランスの問題とかもあるので、これからはますます為替の動向は見逃せないと予感します。

何故なら通貨は既に24時間の国際市場ですから。

ヘッジファンドが牛耳る世界のようですがまだ個々の投資家の才覚で儲ける余地のある世界に株市場よりは感じます。
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 12:05
さすけさん、日本株の6月相場はどうなるでしょうかね?
去年は露入りと同じくじめじめ低迷していたような感じでしたが、今年は参院選の前もあるので去年と違って派手に上がる可能性もあるのかな?

原田武夫氏の最新のまぐまぐにもあるように、新興銘柄の上げ演出と中国バブル崩壊の出来レースの複合展望の予測などhttp://blog.mag2.com/m/log/0000228369/108572931.html?c=mon

G8のマスコミ情報ではドイツ勢が譲歩みたいな形でしたが・・・その実は違うようで(マスコミによる情報操作みたいなので)情報はいろんな面から探索して投資にあたらねばと思います。

そして中国株の崩壊の時期(予定的出来レースらしい)はいつなのかが懸念されますね。

新興株の上げの演出があっても銘柄も期間も限定的かもしれないと思うのですが・・・よほどの猛者でないと儲け難いと思いますので・・・やはり株はお休みでFXでマイペースで頑張ってみようかです>私^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 17:00
それと追証発生件数の情報があるですが
http://prometheusmr.blog89.fc2.com/page-2.html

最強赤兎軍師涼明の戦略;今週のポイント
http://blog.livedoor.jp/clubsekito/archives/50951666.html

ということで、外資の動向次第が鍵を握っているようです。

単純にそのやり口は生かさず殺さず追証発生狙いって感じでは日本の個人投資家はやってられませんね?
負けるな日本!って叫んじゃうよ>私^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 17:21
為替は世界中の莫大な資金が入っているため、仕手株のように、一部の集団が意図的に動かす事が難しいので、個人でも割合フェアに戦えるのではないでしょうか?

6月相場自体はよくわかりませんが、去年からの経験則ですと、この時期にレシオが80割れになったあとは、相場は堅調な動きに戻る可能性が強い気もします。

ただ、中国が暴落すると、日本株にどの程度の影響があるかは未知数なので、そのあたりは注意したいですね。

やはり、下値不安の少ない株式と為替とで上手く分散投資が吉でしょうか。
Posted by さすけ at 2007年05月21日 21:16
http://chokugen.com/

増田氏は21日の記事で、米中経済に摩擦無しを唱えていますね。
Posted by さすけ at 2007年05月21日 21:20
さすけさん、現代の情報は情報操作も含めて多様な面もあり得ますから・・・増田氏の情報もある意味半信半疑だと感じます。

増田氏は外資・ヘッジファンドとの繋がりが深いですから・・・額面どおりは危険かもしれません。

たとえ米中経済に摩擦なしと米側が戦略しても中国側としたらその裏をかくようななんらかの防衛戦略を米以外の国々と仕組む可能性もあると思うのです。
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 22:20
ご存知のように日本のマスコミなんかが良い例ですね。

現政権に都合の悪い情報はあまり流さないようになってきてるし(背後にはデ○通さんやS会名誉会長様の影)その癖凶悪事件の実況放送を嫌というほど垂れ流しています。

国民を凶悪事件報道で白痴化させるようなマインドコントロールを痛感します。

株にしても、先月ぐらいまで有名どこの証券会社のアナリストコメントではテクニカル的に日経2万円説や踏み上げ相場到来説が充満していたですしね。

ですから情報を読み取る場合は多くの情報を比較・調査をなるべく多くかけていくようこころがけてます。

国内の情報だけに限らず海外の情報も含めて広く深くやってみたいと思うのです。
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 22:35
話半分で聞けというのには同感です。

新聞を読んでいたら、中国政府がアメリカの投資会社の株を大量に取得したという報道を読みました。
中国が米国債などの安全な商品から、リスク資産に外貨を振り分けはじめているらしいですが、このことは何を意味しているでしょうね。
Posted by さすけ at 2007年05月21日 22:48
話が脱線ぎみですみませんでした。
>6月相場自体はよくわかりませんが、去年からの経験則ですと、この時期にレシオが80割れになったあとは、相場は堅調な動きに戻る可能性が強い気もします。

そうかもしれませんが、結局去年は4月〜7月までに日経で3,000円ほ下落のようでしたので今年もおそらくそうすんなりとはいかないのではないでしょうか?

>やはり、下値不安の少ない株式と為替とで上手く分散投資が吉でしょうか。

そう思います。極端を言えば株はもう少しお休みでもいいような気もします。

つまり世界の株高と日本株をひっくるめて今の相場つきはカジノロワイヤル的なゼロサム相場で日本の個人投資家に至ってはプラスチックの料理ボウルのなかの蟻地獄さながらに感じてしまうのです。

端的に言って外資の嵌め込み相場と痛感します。
一昨日も金満フクロの時価総額が最高になったニュースがあって・・・同時にかのスティールだかパートナーだかが伝統あるブルドッグソースのTOBを発表してます。

それだけでなく政治も経済も各監督当局もみんな外資の思うとおりに牛耳られているようなのを痛感します。

ですから株は高くなるとしても「迂闊には乗れないな」と私は読みました>どの金融商品もリスクはありますし各人の実力次第ですが現況の株市場を商うよりはまだましなように思う次第です。

同じ時期に投資するならより安全に儲けがでやすいほうに流れを先見、先取りしていくことを慎重に考えてやってみようと努力してみますね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 22:57
>中国が米国債などの安全な商品から、リスク資産に外貨を振り分けはじめているらしいですが、このことは何を意味しているでしょうね。

そうです、そのことも知っていますし(確かブラックなんたらっていう名前でしたっけ?)北コリアのファンド買い情報の件もあるくらいです。

この前のコリア統一情報なんかもマジな話である情報でそれもかなり以前からの国際金融資本のシナリオらしいです。

その証拠に米の北コリアの制裁路線が一変したのは何故でしょう?

いろんな戦略が攻防・錯綜しているのが現状で・・・株だけでなく社会構造も格差社会どころではなく政策的には兵隊社会の実現をめざしてバトルロワイヤルの様相です。

この前の畑田重夫氏の和歌山講演(2003年の講演記録)にも詳しく見抜いて解説・予測されていますね・・・現代と近い未来のこと(たぶん近隣の局地戦の予測)

ネットの世界はそんな細かい情報を知ることもまだできるので・・・規制がかからないうちに情報伝達を密にしてみんなの意識を良いほうに向かわせる一助になりたいともこころ密かに思います。

国際金融資本の世界覇権のための悲惨な戦争に巻き込まれるなんてのはまっぴらですから。

長くなりましたが、とにかく目先は中国市場のバブル崩壊(予定のことらしい)がいつ頃かが問題だと思います。

そしてその影響はけっこう大きいのではないでしょうか?
それは中国人と中国当局の反応のしかたは未経験だけに激しい弾圧と反響は想像するに難くないはずですから。
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 23:19
多くを書いてすみません。
さきほどのブラックなんたらはブラックストーンでした。
それに関しての記事をかいつまんだもの2つ挙げてみますね^^/
CNNで世界を追う|melma!
http://www.melma.com/backnumber_48504_1014064/
HEATの雑記ーブラックストーン・グループがIPOを準備
http://d.hatena.ne.jp/HEAT/20070317

いやー、米系ファンドの暗躍は恐るべしって感じですね・・・?
Posted by ハッピー at 2007年05月21日 23:42
さすけさん、おはようございます。
朝起きてからちょっと気になって「中国 バブル 崩壊」でネット検索したら次のサイトがありました。

まもなく崩壊か?中国バブル
http://allabout.co.jp/career/worldnews/closeup/CU20070515A/index.htm
オリンピック前か後という見方もありますが、中国人投資家の投資熱もバブリーで博打的という分析が書いてあるようです。

アメリカと欧州は中国のバブル崩壊を既定路線と捉えて経済政策をとっているようです、そして対する中国はいまや世界一のドル保有国で貿易黒字の超大国(人口・軍事力も)ですから日本が経験したバブル崩壊戦略に対する防衛法もあれこれしていくという構図が予測されますね。

ただ中国は党の統制経済が仇になるようにもなんとなく予感するです。

バブルでパンパンに膨れ上がった市場を意図的に統制してクラッシュさせることは、多くの市場参加者や関係する大衆の生活破綻とその反動(暴動)を呼ぶのではないかと想像されます。

そこが国際金融資本の狙い目かもしれませんね?
中国側も国内の混乱を他へ転嫁する暴挙を起こすことも北コリアなどを使ってとか・・・。

論語の「過ぎたるは及ばざるが如し」が皮肉にもその発生源の中国にまさにあてはまるなんて。

米も同様ですが、「過ぎたるは及ばざる如し」は広くをカバーする教訓ですかね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月22日 08:47
おはようございます。
「過ぎたるは及ばざるが如し」は良い言葉ですね。
投資家もこれを肝に命じるべきと思います。

中国バブル崩壊に関しては、ジム・ロジャーズが数年前から言っていましたね。また、崩壊後の中国株は買いだとも・・・。
Posted by さすけ at 2007年05月22日 08:59
そうそうジム・ロジャーズも言ってましたです。
テレビの特集だったから確か2年ぐら前かな?

リスクが買いというモットーのジムさんは、それでいつも大成功みたいなことを言ってました。

日本の株価がまだ低迷していた時期で、その頃に買っている業種が鉄鋼関連だったように記憶しています。

増田氏もその頃同じことを情報として聴いていたらしく昔の時事直言で書いていました。

こういう儲け話の情報は水面下で仲間内で早くにやりとりしてるんだと思いますね。

元外交官の原田武夫氏も情報戦略で重視するのが向こ(米、欧州)の政策ペーパーとか各シンクタンクの論調らしいです。

経済膨張と破壊の仕掛けの中国の巻の行方やいかに?
米中だけではなくユーロ中、中露、イラン中の動きもその時には絡んだりして・・・大量保有してるドルをダダ売りして・・・原油決済をドル建てからユーロ建てやルーブル決済に変えちゃうダニとか・・・もうプロレスよりおもしろい場外乱闘かもってのも想像されますね(笑)
Posted by ハッピー at 2007年05月22日 10:07
さすけさん、ジムロジャーズで検索したらいろいろでてきましたので参考まで
中国への視点 中国株式 アジア株
http://www.asianstocks.info/cn/view/jimcn.htm

世界経済 さらに詳しく
http://www15.ocn.ne.jp/~tdacsw/sub4-1.html
他にもたくさんありましたがきりがないのでこれぐらいにとどめます。

つまりかなり先の共通シナリオが米系の金融資本家筋にはあるのではないでしょうかね?

ますます崩壊の時期とかの直前を見極めたくなりますね。

また一方で為替って凄い意味を持つ訳ですね
ロジャーズさん曰く(2004年頃かな?)中国の元は将来500倍になってもおかしくないとの話・・・。

日本もかつて円高・超貿易赤字・通商制裁の3点セットで散々にやられたですが・・・似たような国際金融資本の定石の3点セット攻撃とバブル崩壊プラス日本をまきこみ利用の局地戦あたりが囁かれてもいます。

要は投資のタイミングを上手く計ってほどほどにですかね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月22日 10:43
さすけさん、書き間違いでした。
正しい記事内容は次でした。

>●2007年4月 「人民元が今後20年で最大500%上昇と(ニューヨーク ロイター)」

ロジャーズ氏は4月10日、ロイターサミット
「ヘッジファンド・アンド・プライベート・エクイティ」で、
中国人民元の対ドル相場は上昇余地があり、
今後20年で300〜500%、最大500%上昇する可能性があるとの見解を示しました。

氏は投資家に人民元保有を推奨する一方、
ドルについては「極めて弱気だ」と指摘しています。

氏は、「米国が債権国から債務国に転じ、
米政府の間では、関税など自由貿易に反する政策を容認する傾向が強まっており、
これにより、米資産への投資資金の流入が減る」としています。

また、氏は、米国で保護主義が台頭している兆候について、
「恐ろしい。貿易戦争や通貨戦争はひどい結果をもたらす」と述べています。
その結果、他の国も保護主義に走り、世界的に不況になる可能性があるとのこと。

ロジャーズ氏の見解どおりとするとFXでドル売りポジションと元買いポジションのミドルかロングでも仕入れておくのもおもしろいかもしれませんね。

でも今のFXの投資スタイルは短期決済で利鞘を抜く形のトレードをしているのが多く見受けられますね。
(おそらくそのほうが効率とリスク管理がしやすいのでしょうね)

話はもどりますが、ジムロジャーズの本をちょっと買ってきて読んでみようかと思います^^/
また読書後感想を書きこませてくださいです〜^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月22日 10:58
色々とありがとうございます。

話をまとめると、中国市場が暴落した後で、小額で良いので中国株や元に投資する。

ドル暴落の懸念を回避するために、ユーロなどの買いを検討する。

資源の需給逼迫の長期化に備えて、商品ファンドなどを購入する。

などの戦略が考えられますね。
拙速な行動は控えるべきですが、選択肢の一つとして頭に入れておいても良いと思います。
Posted by さすけ at 2007年05月22日 11:05
FXは短期決済が主流のようですが、相場が下がった時に無理のない範囲で豪ドルなどの高金利通貨を買って、ゆっくりとスワップ金利を受け取るというやり方もありますね。

レバレッジを2倍くらいとか、低めに設定すれば、割の良い利殖法と思います。
Posted by さすけ at 2007年05月22日 11:11
さすがー、さすけさん!物分かりが抜群に早いし非常に的確です!

上記ふたつのご意見にまったく御意です。
またアドバイスよろしくお願いいたします。
今回、ジムロジャーズのワードを聞かなかったら調べてなかったですもの^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月22日 11:31
さすけさん、ハッピーさん、おはようございます。

お二人の談話を読んで、ようやく頭の中がまとまってきました。
私もFXを始めますが、手の内が増えたと思って有効活用していきたいです。

しかし中国市場の空前の高騰と絶好調のダウナス、ターニングポイントまでのカウントダウンが始まっていると思えば、方向感が無いよりはむしろ対策を打ちやすそうですね。前向きにトライしてみます^^;
Posted by bar_ at 2007年05月22日 12:02
ハッピーさん

こちらこそありがとうございます。
商品ファンドはジム・ロジャーズが監修して組み立てた商品が日本でも販売されていたと思います。
ファンドという性格上、商品先物のような激しいリスクがないので、初心者にも扱いやすいと思います。

bar_さん

こんばんは。FXには株式と違った利点が多数ありますね。上手く使い分けたいものです。中国市場は、凄まじい勢いですね。ロジャーズなんかも過熱感を懸念しているのではないでしょうか。安く買える場面が来ると良いのですが。
Posted by さすけ at 2007年05月22日 19:56
さすけさん、こんちわー^^/
新興もめまぐるしい感じですね?
なんかすかっと上がりきらないので・・・油断は禁物ですかね。

こういうのは、おそらく短期資金が瞬間移動しての流れだと思うから方向感が定まらないのはよくない相場つきだと個人的には思います。

つまりどちらにも大きく振れやすいということ。
上に振れてくれるなら大歓迎ですが・・・こう頭を抑えられる形はいけませんです=ジリ貧から値崩れする可能性が高いと思います。>そうなるともう1段安もあると思います<あくまでも個人的感想で、当たらない予想ですんで聞き流していただきたいですが。
Posted by ハッピー at 2007年05月23日 15:37
さすけさん、おはようございます。
今日の市場(日本株)はこりゃよくない下落を起こすかもしれませんので、買いからの人は自己責任でキャッシュポジションを高めで早めに手仕舞いがいいような感じですね。

IXIの上場廃止
http://www.thinkit.co.jp/free/news/reuters/0705/23/12.html

もうひとつは、昨日のグリーンスパンさんの中国市場収縮予想発言か。

昨日書いたように、どちらにも振れやすい相場つきなので今回もやはり↓に崩れる可能性が強いと思います。

追証の問題も絡むだろうから、おそらく6月暴落の始まりかもしれません。
これでは株はしばらくダメでしょう・・・?
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 08:41
おはようございます。
チャートでは、丁度前回の節目を超えられるかどうかの瀬戸際のポイントですね。投資家心理も振れやすい時期だと思います。
Posted by さすけ at 2007年05月24日 09:24
そうですね、節目です。
月末で6月入りもありますから、梅雨時のアノマリーもあると思います。

振り返ると今年も5月連休のアノマリーはあったと思います。

そして、注目すべきはここにきて何ヶ月か前に書いたかもしれませんが新興銘柄の信用不安のものを淘汰する動きがでてきていることです。
先ほどのIXI上場廃止だけでなく、その他の類の情報を次のサイトで見れると思いますので参考まで
http://pressrelease-jp.com/blog2_article1393.html

おそらく、こういう動きは外資が絡んでいると思いますが・・・三角合併しやすくする地ならしみたいです。

そういうなかでの日本株は、まだ買いではないと感じるわけですが・・・どうなりますことやら?
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 09:48
為替に関して検索していたら次のコラムがありました。
中岡望の目からウロコのアメリカ≫円安相場の構造を解明する
http://www.redcruise.com/nakaoka/?p=211

現在の円安の行方と、株の行方はキャリートレードの巻き返しが最大のポイントですね。

市場の論理から想像すると上がりのピークで反転現象があるとは思うのです。

為替FXなら先の円高を頭に入れておくのは必要かもしれません。
それと、スワップ(金利差)も特に利用されている相場つきというのも痛感します。

まさに現代の相場はまるでキャリートレードという魔風(ハリケーン)が吹き荒れトルネードや(彦麻呂風)(笑い)
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 10:42
前場がひけましたが、お疲れさまでした。
それにしてもインターネット総研4741の上場廃止までの株価の下落も凄いですね。(現在も下落中ですが)

また東証のオー・エイチ・ティー6726もこれまた凄すぎというか酷すぎ。

6726なども退場組予備軍なんだろうか?

こうもインサイダー的なインチキ市場のような状態の日本の株市場は投資不適格みたいに思うです。

これじゃ個人投資家はオレオレ詐欺にやられてるようなもんかな・・・?
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 11:09
米国は、膨大な財政赤字を、高金利のドルに対する海外からの資金流入によって帳消しにしている状態ですよね。

問題は、米国政府がFRBなどの政策の力によって、どの程度までこの体制を維持出来るのかということ。

キャリートレードは借りた円を更にレバレッジで膨らませてドルを買っている状態なので、一旦売りの連鎖がひき起こされると恐ろしい状況にもなりかねないと思います。

投資家に出来るのは、投資通貨を慎重に見極め、押し目を狙って堅実なレバレッジ量を守って投資するという、徹底した自己管理なのでしょう。
Posted by さすけ at 2007年05月24日 11:16
ライブドアが引き金となった新興市場に対する不信の払拭には、数年かかるかもしれませんね。

政府の上場を簡単にする政策に乗って、無茶を承知で多数のベンチャーが株を公開し、会計上のグレーゾーンに眼をつぶりながら、見かけ上の高成長を維持しようと目論んで来たため、各所でその粉飾が剥がされて来たからです。

新興市場全体で膿を出し切って、再出発に繋がると良いのですが。
Posted by さすけ at 2007年05月24日 11:23
それから、楽天4755やサイバーエージェント4751などのチャートも見てみたけど最安値に邁進中の右肩さがりです。

ある程度のリバウンド相場はあるとは思うけど・・・結局外資の三角合併には更なる↓が予想されると思われますが・・・どうなりますことやら?

それにひきかえアメリカ株高値とドル高、キャリートレード運用成功、大量大型買収成功でかの金満フクロと叫びたいGSの時価総額が今までの最高になっちゃいましたって・・・GS出身のポールソン氏の成果ですかね。

まだまだシナリオは継続中で次が日本株の本格クラッシュかもしれませんね(気をつけたいと思いますね)
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 11:25
前後しましたが、さすけさんの仰るとおりに同感です。

そのうえ日本の政治家、官僚、財界人、マスコミその他が完全に外資に牛耳られている状態もあると痛感します。

なので日本株はしばらく(きたる大きな崩壊まで)ダメではないかと予感します。

またリバウンドとしても博打場の胴元有利な相場傾向も想像されるんで・・・なんだかな〜ですかね?

やはりそういう傾向がまだ薄いかもしれないFXでコツコツが無難ですかね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 11:32
最近、GSとSBIが日本市場で資本業務提携なんていうニュースもありましたね。

日本で確実に胴元としての基盤を作っているようです。
Posted by さすけ at 2007年05月24日 11:39
そうなんです、さすけさん。
先ほど中岡望の別のコラムにも次のがありました。
ゴールドマンサックスと米政府の間にある”緊密な関係”
http://www.redcruise.com/nakaoka/index.php?p=179

そしてポールソンの経歴など
世界経営者会議
http://www.nikkei.co.jp/hensei/ngmf2000/speakers/05.html
ゴルドマンサックス社の年間報酬・・・
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/12/627300.html

それでも過ぎたるは及ばざる如しですから・・・そのうち反転現象はアメリカ以外の国から自然的におこると思います。
日本人はそういう状況でも復活していくのを期待もこめて予感します。

今年の参議院選以後がひとやまかもしれませんね。
昔あった保守合同のガラガラポンも予測されます。
自公連立が解消の可能性もあると予測されたりします。

6月は、嵐の前の梅雨時期で今年の夏はラニーニャ現象だかで猛暑らしいですが・・・どうなりますことやら。
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 11:54
沢山書いてすみません。
でも大事なことばかりと思いますんでお許しを^^/

今年の夏は猛暑で異常気象のニュースソース
ラニーニャ現象とは・・・2007年の夏は猛暑・渇水の恐れ
http://www.yamaguchi.net/archives/004933.html

先の話でも天候・気象が巻き起こす世のなかの動向は特に注意しておくほうがいいと思います。

すすくなくても、断水に備えて貯水の準備と作物の不作からの各商品の値上がり現象に注意ですかね

となると、株はもちろん原油も商品相場も暴騰も予想されますね?。(原油価格の上昇要因としては猛暑によるエアコン等エネルギー需要増だからおそらくそれに併せて米系石油メジャーなんかは投機高を目論むと思いますね)

このように先の予想することが出来るか否かでも大きく違うと思いますが・・・それにしても日本人は艱難辛苦を受け続ける迷える子羊じゃたまりませんね・・・すこしでもこのようなネットコミュニケーションを通してでも広くに伝えあってコミュニケートしていけたらと控えめに思ってたりしますね。
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 12:09
それと保守合同も水面下では注意しとくというか、けっこうな動きだと予測されます。
関連サイトは次ですが
保守合同ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%AE%88%E5%90%88%E5%90%8C
2007年参院選スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1089893576/
のんきな日本人;真の保守政権を求めて 政界再編に求められるものは何か
http://nonki-nihonjin.cocolog-
nifty.com/blog/2007/04/post_8a9f.html

こういう背景もありますので、今度の参院選は去年の小泉選挙よりはおもしろそうな結果になるかとも想像されるんですが・・・どうなりますことやら?

格差社会で日本は大きなダメージを全体で受けているばかりか今後も憲法改正や教育基本法改正等でより兵隊主義化国家になる可能性が強いと思われますので・・・いい意味での保守合同や野党勢力躍進は望ましい現象だと予感しますね。
Posted by ハッピー at 2007年05月24日 12:53
■なんか中国株が
下落率が2月暴落のときを上回ったような話も聞きましたがどうなんでしょーか?

ところで次のかたのブログも参考になるかな?
http://blog.livedoor.jp/q1w2e3hk/?blog_id=1617153

ここにきて中国に対する米の主要なかたのきな臭い発言がなんとなく目立つようになっていますね。
■下落率
>上海B株がマイナス8%こえてます。
ここ二日で15%近く下げてないかな・・?
上海A株もマイナス1.8%
深センB株はマイナス6%こえ。

これは今日の情報ですけど・・・昨日今日でそんなに下げているのですか?
2月の暴落時より大きいですか?

気をつけたい情報です。
いよいよキャッシュポジはかなり高めておくほうがいいかもですね^^/

Posted by ハッピー at 2007年05月24日 16:19
おはようございます^^/
サンライズテクノロジー4830の上場廃止が発表されましたね。

ここ最近でこういう淘汰の動きが目立ってきましたので、まだまだ6830、4302、4316、2330、4797、1844などその他多くが懸念されます。

やっぱりこの時期に集中させるなんて・・・計画的ですね?

今日は新興だけでなく総悲観の様相も感じます。
こういう相場は荒れますので、自己責任ですがどうかご注意くださいです^^/

私は勿論ノーポジで見学させてもらうつもりです。
Posted by ハッピー at 2007年05月25日 08:50
さすけさん、こんばんわー^^/
日曜日はついのんびりしちゃってます。

ところで株のほうですが月曜日以後の見通しの参考に次のサイトなど
http://plaza.rakuten.co.jp/mmhougyokudou/

やはり中国市場が鍵であるようです。
それと・・・日本の新興銘柄のダダ崩れもどうなるかということ。
Posted by ハッピー at 2007年05月27日 21:10
新興銘柄のダダ崩れに関しての件は次のサイトにも書いてありましが1部コピペさせてもらいます。

ダントツ投資:夕凪通信
http://www.geocities.jp/yuunagi_dan/Day/current.htm

2007/5/20(日)
ーー途中省略ーー
> それより心配なのは新興市場です。ーー以下本文参照
> 私がいつも見ているマーケットウィナーズで、新興市場の下落について、ーー以下本文参照
> 「ノンバンクの貸出の厳格化」については、追証などが発生すると、ーー以下本文参照
 >「投資事業組合の金融庁へ登録を避けるための清算整理」については、金融商品取引法がこの夏にーー以下本文参照

とにかくサイトに書かれてあることを確認されていただきたく思います。

全て外資のシナリオどおりなのかもしれませんが・・・。
Posted by ハッピー at 2007年05月27日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。