手数料0円!信託保全で安心!【サイバーエージェントFX】

2007年05月27日

保ち合いが続く

グリーンスパンが過熱する中国市場に苦言を呈したこともあり、中国市場は急落し、米国株もそれに従ったが、週末は反発する形となっている。目先は、順調な上昇トレンドに復帰出来るかがポイントだが、チャートを見ると少し息切れ感も見られる。東京市場は保ち合いが続いている。方向感が全く見られないが、そろそろ決算発表もピークを過ぎたので、6月上旬くらいには動きが出て来るかもしれない。現状では、雲上に位置しており、パラボリックは強気のまま。

[コスモ証券]FXなら信頼の一部上場企業で!


くりっく365のFX会社を利用すると、税率が一律20%であり、株式指数先物や商品先物との損益通算もできるので有利です。
posted by さすけ at 23:08| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちわー^^/
今日は金融商品取引法の件
http://finance001.livedoor.biz/

これの内容はしっかり把握しとくほうがよいと思います。
株の大量保有に関する規制も暗に示唆している感じがします。

当然先の株の需給に影響大だと予感します。
日本企業のなかでは株の大量保有や取引がそう簡単にはできにくくなるような・・・つまり仕手と親会社保有が不利で三角合併有利の傾向・・・結果国内投資家、大株主の激減なのでは?
Posted by ハッピー at 2007年05月28日 18:50
こんばんは。

随分と詳しいサイトですね。

http://finance001.livedoor.biz/archives/50041220.html

村上ファンドのような不透明な買い占めが減って、
健全な市場に育つきっかけになれば良いと思います。
Posted by さすけ at 2007年05月28日 19:12
今日の相場つきは上がって終わっても方向感があまりない感じで、上げかたの勢いも弱いと思いました。

出来高などはどうなんですかね?

ところで、少し前のですが次の記事が参考になりそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000013-gen-ent

預金保有機構や銀行保有株機構の株売却の額が大量だろうから、上がるにしても小刻みになるようなイメージが予測されるんですが・・・?

それと政治の問題もここにきて混迷してきたように思います。
松岡氏、山崎氏の自殺の背景もさまざまな情報が飛び交っています。

政局に発展するようならやはり株はもうしばらく低迷かもしれませんね。

しかし、農業問題と貿易協定の件も特に今年は不作予想だけに注意しとくにこしたことはないと思います。

家庭菜園で手頃な野菜を自給自足しておくことにします。
Posted by ハッピー at 2007年05月29日 19:01
株にしろ日本の今の状況って外資の狩猟場のようになっている感じがして仕方ないです。

じわりじわりと絞りとられているような展開を感じますよ。

防衛も農業も貿易も自国のために自分で決めて手を打てないようなふうになっているのが現況だと痛感します。

されど自然の流れや如何にと楽観的でもありますが・・・どうなりますことやら?
Posted by ハッピー at 2007年05月29日 19:07
さすけさん、おはようございます〜^^/
今日の相場もあまり芳しくないと思います。

なんか中国株が安くなっているようです。
アメリカ先物も現在ですがなんとなくマイナスぎみに推移しているようです。

中国の証券印紙税が3倍に上げたのが原因ですかね?
それとアメリカの金利下げ観測も強いとのこと。

そして月末で6月にはいるところの週です。

新興株の戻り高も本物ではないような気がします。
理由は適度なボックス推移の印象が強いので。

自分の妄想ですが外資のやり方で推理すると、新興は現時点でいちよダダ下げの状況に持ってこれたと思うのです。

それで終わるはずはないと思っています。
つまり本丸の日経も「もう嫌〜!」と個人投資家の悲鳴が聞こえるぐらいに叩き落とすのではないかと思うのです。

国際金融資本のハゲタカ外資のやりかたはそんな感じでしょうね。

それにしてもGSやスチールパートナーズのTOBの手法も許せないくらいのエグイ手法ですね。

結局、個人投資家には非常に難しい相場だと思います。
儲けるか損するかの紙一重の感覚ですが、なにがなんでも無理して相場を張るよりは冷静に見切るぐらいがバランスがとれていいと思うんだけどな〜(笑)

皆さんの大幅な利喰い成功を念じてやみません^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 10:13
ハッピーさん

中国政府自身も、市場の過熱感に懸念を持っているのでしょうね。中国株は政府が最大の株主らしいので、自由に相場を操れそうなところがリスクだし、気になります。

日本株については、過大な大波を夢見ないで、適度な利食いを繰り返しながらのマイペースな売買を続けていきます。
Posted by さすけ at 2007年05月30日 11:06
さすけさん、そうですね。
市場の過熱感=中国人民の過熱感なので
適度にガス抜きしていかないと、中国の場合は深いところで暴動の可能性もあると思うのです。

何年か前の反日暴動のパフォーマンスも中国政府のガス抜き道具に利用されたという話も聞いたことがありますしね。

アメリカもしたたかに、一方でバブルを煽って他方で通商・貿易摩擦やバブル崩壊で中国人民側の風下戦略などで内乱でもおこさせたいかのようです。

どちらにせよご覧のとおり今日の日経も中国・アメリカ市場の動向次第でしょうから・・・これじゃ日本の個人投資家の株離れはますます進むことでしょう。

中国政府があと何をしでかすかも注目ですね。
金利上げもするだろうし、ドル売りを加速させるかもしれません。

となれば世界同時株安がまた起こるかもしれません。

それから私も日本株についてはもはやノーポジ、ノートレードなのでどんなに暴落しようと暴騰しようとど〜んと構えていられます。

火中の栗を拾うのはしない主義で、そんなリスクテイクは危険だと考えます→難しい相場はまるで台風の渦潮のなかに身ひとつで飛び込んでいくようなものだと思ったりします。

でも相場って水物ですね〜何があるかわからないってのが常ですもん〜^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 13:02
ザラバでは売買しないつもりだったのですが、中国市場の崩れ方と、それに対する日経の反応が嫌な感じがするので、持ち株オール利食いしておきました。現在ノーポジです。少し休みを入れます。のんびりFXもいいですね。
Posted by さすけ at 2007年05月30日 13:28
ですね〜^^/
よく経験する話ですが、儲け損ねることとリスク管理のどちらが有利かというのがあります。

株が普通にできる環境にあり自分の資金力と健康があればこの先何度でも株でもFXでもやれて儲けのチャンスもある訳です。

だけどリスク管理をあまり考えないでの買い強気は、裏目にでると困ったなだけではすまない場合もでてきます。

このゼロサム構造が株や相場の博打性だと思うのです。

とにかく常に相場をはる必要も儲けをあせる必要もない=自分次第のペース配分の良否

株は上げるか下げるか変化せずか、あるいは乱高下、上場廃止とかいろんな要素がありますが、どんな状況にも対応できて無難で儲けをだせるような投資法を心がけたいと思います。

>のんびりFXもいいですね。
ですね〜^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 14:10
休みを入れないために、せっかくの稼ぎを吐き出し、もしくはマイナスにというのは初心者などにありがちですよね。
できるだけドローダウンを少なく、利益を積み上げる方法でいきたいものです。
Posted by さすけ at 2007年05月30日 14:18
さすけさん、ハッピーさん、こんにちは^^
中国は外人が参加できる市場できない市場と分かれているのが、ずいぶんと閉鎖的に感じます。それがまた、今の中国バブルに燃料注いでしまったんでしょうね。

今回、先日のグリーンスパンさんの発言をやり過ごした後の暴落なので、今回の下げはそうとう尾を引くんではないかと思っています。さすけさんとハッピーさんは、どう思われますか?

のんびりFXもしたいんですが、バーチャルの成績恐ろしく、これまたちょっと腰が引けてます^^;
Posted by bar_ at 2007年05月30日 15:54
barさん、こんばんわー^^/
今日の中国株の下落率もかなり大きな感じだそうですが、イメージとして中国市場の株高の崩れは過熱→急落→再過熱のかたちかもしれないと思います。

キャリートレードの運用うまみでいくと・・・適度に下げた中国株がまた買われる予想はつくのですが・・・ただ今度の下げは中国政府が調整・冷却をある意味強く望んでいるような節も感じます。

税率のアップだけでなく利上げかそれに付随する外資規制のようなものとかをだしてきたら、やはり株価位置が高いだけに下げのインパクトは大きいとは想像されるのですが。

中国株はおそらく先物取引がないぶん市場コントロールは外部要因よりも内部要因からのほうが影響がでやすいと推測するのだけど・・・アメリカ側の表と裏の謀略攻撃も日本のときの場合のようにはいかない感じがしてます。

おそらく中国側の弱点は格差の生じた中国人民の資本市場その他での暴挙かもしれないと想像したりもします。

中国政府は国内市場の流れを独断的に管理できますが、これだけ異常に過熱した市場を急に冷ますやりかたはかなり危なっかしい綱渡りのようにも強く感じるのです。

それから、今年の世界の天候や異常気象次第では株だけでなく為替、原油、商品相場なども激しく動く可能性もあるでしょうから、世界も含めて中国政府は経済問題において株や元高や貿易赤字だけにとどまらない悪材料も多く潜在していたのが顕出してくる予感もします。

極端な話、北京オリンピック前の大クラッシュなどもあり得るかもしれないかも・・・よくある通貨危機というのが過去にもヘッジファンドがよく仕掛けた悪例がありました。

そんな形の通貨危機も仕掛けられる可能性もあり得るかもしれませんね。

国際金融資本の多元的戦略は局面と総合の両面攻撃と思います。

そしてアメリカも欧州も中国のバブル崩壊は既定路線で動いているのは想像に難くないです。

この前のグリーンスパン氏の発言も彼ら流の実験的市場操縦なのかもしれませんね。(長くなりましたのでひとまずこれで終わります)
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 18:57
今日の中国株の下落率の記事
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070530NT001Y38230052007.html

それと昨日の中国投資家の証券口座が1億突破した記事
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20070529c2m2901q29.html

ちなみに先ほど先物がないといったのは証券でのことで、商品や通貨の先物市場はあるようです。

まず、昔の日本の証券市場の拡大版が今の中国市場かもしれませんね?
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 19:12
ハッピーさん、ありがとうございます。
過度に加熱した市場を政府がコントロールしようとするところに落とし穴がありそうですね。

先にさすけさんが「中国株は政府が最大の株主らしい」と言われていましたが、政府そのものが利確にまわってしまうということも考えられますかね?環境問題も含め中国が放置してきた問題を国際水準まで解消するためには、ずいぶんとお金がかかりそうです。
Posted by bar_ at 2007年05月30日 19:26
過去にあったアジアの通貨危機も調べておくとよいと思います。
アジアの通貨危機ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%8D%B1%E6%A9%9F

大量の空売りというのが中国バブルの極まったところで仕掛けられたらどうなるかということにも注意を払っておくべきかもしれません。

そんだけ国際金融資本の手法は象徴的にエグイと推測されます。

話が広がりましたが、今回の暴落があるとしても2月同時株安後のような復旧の仕方も想像されます。

まだ米側も中国側も本格的にバブルをはじけさすわけにはいかないと推測します(今だとうまみがないのとオリンピック需要などでの経済発展や貿易交流は互いに共存共栄のはずですから)

だから、実験的にガス抜きの調整暴落をするかのようなのが今回も強いかなと個人的なかってな読みです。

もしかすると、今回も前回2月同時株安後のリバウンド高での再バブルもあり得るかもしれませんが・・・barさんの仰ったような世界同時株安のダメージが長引くのもありそうで・・・どっちにしても中国側と米側の攻防戦次第じゃないでしょうか?

まー、相場で儲けのチャンスは株価が暴落したときにリスクテイクというのが基本ではありますが・・・なんとなく6月〜7月の世界情勢が読みきれないので打診的な用心を重視するほうがいいとは思ったりします。

経験的に考えると、こういう不安定な相場つきは変化の相が強いのでした。
つまり上げたり下げたりの相場か急な変化が株に限らず政治、社会、気象なども含めて起こりやすいからです。

そんなかんなですくなくとも3ヶ月前からこのような状況もなんとなく予想していたので、株からFXなどに推移したりの経緯でした。

ただFXにしろ簡単に儲けられるものとは考えてはいないので、今はよくよく観察・勉強・イメージトレーニングでやられていますよ・・・トホホ(笑い)
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 19:46
さすけさん、長々と多く書きすぎてすみませんでした。

いづれにしろ今日の海外市場の動きに注目ですね。
そして明日の日本市場ですが・・・日経のトレンドラインはテクニカルでも↓へいきそうな雰囲気もします。

昨日までの上昇が上ヒゲになってしまった感があるので、ここでの下げ足はよくない傾向だと予測しますのでもし17,000近辺までの下げがあるようなら、たぶん再びキリの17,000割れを起こす可能性は強いと思います。

株価の習性とでもいえる一種のアノマリーみたいなもんですが、個別銘柄でも過去にそういうケースは多くありましたので・・・あくまでも参考までですが。

それではこれにて今日は失礼しますね。
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 19:57
やっぱりこまめな利確が大事ですね。
ありがとうございました^^
Posted by bar_ at 2007年05月30日 19:59
ひとつおまけの情報ですが日経平均のヤフー板に次のがありました。参考まで
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1998407&tid=ffc7pjbf6q3t2a&sid=1998407&mid=1505264

6月も米系ヘッジファンドの決済売りとか書いてあるけど・・・基本的に利益確定は高値でしていくのは想像に難くないですね。要するにババ抜きで早く利益確定で抜けたもん勝ちの展開でしょうか?
Posted by ハッピー at 2007年05月30日 20:31
bar_さん

中国株に関しては、ハッピーさんも書かれているように、暴落から再バブルを仕掛けてゆく可能性が高いと思います。
本格的に崩すのはもっと、パンパンにバブルを膨らませてからではないでしょうか。

日本株に関しては、外国市場の影響を受けやすい状態にあるものの、深刻な不安は感じていません。連れ安で急落する場面があれば、再びゆっくりと仕込んでゆく所存です。

目先は、6月のヘッジファンドの決算売りですね。
株も為替も大きく動く可能性があるので、ちょっと注意しておきたいですね。

いずれにせよ、株も為替も大きく下がれば仕込みのチャンスと認識しています。

それからFXに関しては、レバレッジを低く、高金利通貨が下がった時に買いから入るポジションを基本に、が良いと思います。
のんびりスワップだけ受け取っていても、相当な高金利が享受できるわけですから。
Posted by さすけ at 2007年05月30日 22:25
>暴落から再バブルを仕掛けてゆく可能性が高い

もっとパンパンですか? これはきついですね^^;
今日は引け間際に買い戻しが入ってきたので、売りで持ち越してみました。
この程度では崩れないだろうという雰囲気が感じられて、逆に行きたくなりました。
そのうち気づいたら、「あら?バブル終わっての?」という展開になる、静かなる終局じゃないかと(笑)
いずれ長くポジションを引きずる方ではないので、利確チャンスがあれば良いと思っています。
あまり極端なポジションを取らないように気をつけていきます。

FX・・・いや、本当にやらないでおこうかと思ってます。とりあえず、急落待ちですね・・・。
今バーチャルでレバレッジかけまくり、あわよくば商品もらおうと企画中です笑。
Posted by bar_ at 2007年05月30日 22:52
bar_さん

元々、バーチャル自体が投資に悪影響を及ぼすのであまりお薦め出来ないのですが、商品目当てにフルレバレッジだとそれこそ練習になりませんよ(笑)

バーチャルといえども、本番の練習だと思って、1万ドルくらいの試し玉から出発していかなければ。

中国株ですが、米国で大規模な反中国キャンパーンが始まったようですね。相場への影響はいかほどのものがあるでしょうか。

米国市場は反発したようですが。
Posted by さすけ at 2007年05月31日 08:29
さすけさん、おはようございます^^/
アメリカは高かったので、日本は寄りはもどり高かもしれませんが中国、アジア株はちょっと心配な気がします。

中国に関してのことも調べるといろいろあるようです。
中岡望氏のコラムにも次のがありました。
http://www.redcruise.com/nakaoka/?p=213

中国の投資家体質は、おそらく党中央筋に力・コネのある役人達のインサイダーずぶずぶのバブル市場で進んでいるようなのです。

アメリカ筋のバブルつんつくつん攻撃もこれからさらに増していくので、6月相場はちょっと↓を予測されます。

おそらくアメリカの中国経済包囲網ともいうべき段階だと思います。
それは、次のコラムによく説明されています。
この絵では日本は丸裸でうつむきかげんで麻雀をうつ少女ですって(なすすべなしらしい)・・・北京五輪ボイコットの役もあったりと・・・この脱衣麻雀は鋭いというかなかなかですね^^/
Posted by ハッピー at 2007年05月31日 08:42
ハッピーさん

おはようございます。
東京市場自体には過熱感はないのですが、
中国をはじめとする外部環境は気になりますね。

NY市場やドルも大分高くなっているので、そろそろ反動も気になる所です。
Posted by さすけ at 2007年05月31日 08:57
>中国株ですが、米国で大規模な反中国キャンパーンが始まったようですね。相場への影響はいかほどのものがあるでしょうか。

そうなんです、米の対中包囲網はだんだん激しさを増しそうですし、先ほどの少女達の脱衣麻雀の絵の件ですが次のコラムにありますが参考まで
北京五輪はひとつの悪夢・・・ダルフールで中京包囲網 東アジア黙示録
http://dogma.at.webry.info/200705/article_27.html

背中に刺青を入れた半裸の少女の後ろ姿の意味と額に飾られた中国の毛沢東ら3大巨頭の絵の意味するところが不気味ですね。

アメリカは下半身が裸だそうですから・・・そこが弱点なのでしょう?
おそらくドル通貨の決済体制あたりですかね?

ロシアは半裸で目を閉じて寝っころがってるし日本は丸裸で伏目がち、台湾はナイフ片手に中共を睨み傍観している。

うーん、いろいろ波乱の予感が濃厚です。
局地戦の混乱と対中貿易摩擦と五輪ボイコットと日本・韓国の軍事共同防衛の配牌とかでアメリカは一気通貫さながらの役満狙いかもしれませんね(笑い)
Posted by ハッピー at 2007年05月31日 09:04
それと国内の疑惑関連で株に影響がありそうな件
とある不動産会社ヒューネットのXデー
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/

政界波乱と相まって新興銘柄はまたまた受難の予感しますので気をつけたほうがよいと思いますが自己責任でよろしく。
Posted by ハッピー at 2007年05月31日 09:20
ヒューネットの優先株問題については次が詳しい
http://blog.livedoor.jp/activeinvestors/archives/50809513.html

政・財・闇がヒューネット事件ひとつでまたひと騒動だから株にしても下落のリスク管理はしておくに越したことはないと思われます。
Posted by ハッピー at 2007年05月31日 09:33
いや〜、やっぱり練習になってませんよね(笑)
でもなんと、1位ラスベガス、2位ケアンズ旅行なんですよ・・・あ、いやついつい。

しかし、バーチャルをやっていると元手がかかっていないだけにトレードがかなり雑になっています。
確かに悪影響がありそうですね。
Posted by bar_ at 2007年05月31日 15:58
bar_さん

旅行は、懸賞か何かに応募して当てましょう。
バーチャルで一位を取る確率と、懸賞を当てる確率とを天秤にかけなければいけません。

投資は投資と割切って、バーチャルは練習に当てたほうが良いですよ。
本番の投資が上手くなれば、旅行くらいいくらでも行けるのですから、バーチャルで乱暴な売買が身につく悪影響の方を恐れましょう。
Posted by さすけ at 2007年05月31日 16:12
さすけさん、ありがとうございます。
バーチャルは思い切って止めることにします。

トレードに悪影響が出ては、とても割に合いません。
バーチャルの設定元金がそもそも私には大きすぎ、
少額入れてリアルトレードで練習する方が有益だとも感じます。

>バーチャルで一位を取る確率と、懸賞を当てる確率
私はたぶん後者の方が確率が高いです(笑)
最近デジカメと国内旅行が当たっているので、こっちでがんばります。
Posted by bar_ at 2007年05月31日 17:17
こんばんわー^^/
今日は強かったけど・・・なんか変な上げ方だと感じました。

買いの主体はどこなんでしょうか?
市場的に好材料がでていたのではないはずです。

ダウの大幅上げにしてもいつもの日本株の反応と違います。

こういうときは用心しとくほうがいいと思います。
明日から6月相場ですが、今日の上げは三角保
ち合い上離れを意識させると思われますが、明日が週末で月初が週明けなのも気になります。

この不自然な上げは引っ掛け上げのような感じがするのですが・・・どうなりますことやら?
Posted by ハッピー at 2007年05月31日 18:38
bar_さん

国内旅行とデジカメなんて凄いじゃないですか。
その調子で海外旅行も当ててください。

投資金額の増加は、投資家心理に微妙な影響を与えます。
軍資金が一桁増える時には、十分に休みを入れて、増加した資金枠でのトレードに精神的・技術的に慣れてから行えと諭す本もあるくらいです。

ハッピーさん

今日は仰るように保ち合い放れを意識させるような動きでした。
週明けの月曜日は、注意日なので、ここは用心したい場面ですね。
いつの間にか、月齢も満月に近づいて来ています。
Posted by さすけ at 2007年05月31日 18:52
今日がもう満月でしたね。
Posted by さすけ at 2007年05月31日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。