手数料0円!信託保全で安心!【サイバーエージェントFX】

2007年03月22日

節目を超える

225は17300円を超えて、セオリーでは上昇トレンドへと復活。目先は調整もあるだろうが、投資家の目線は戻り売りから押し目買いへと変化しているトレード日誌
posted by さすけ at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

W底形成か

反発続く。W底のような形を形成しており、今後は17300円のラインを抜けるかどうかが焦点。外人売り、個人買いが喧伝されているが、225に関しては、下値を割らせないという意志のようなものも感じられる。この動きが本物かどうかは、17300円を超えるかどうかである程度推し量れるだろうトレード日誌
posted by さすけ at 20:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

揉み合い

日経平均は、上値を追いたがるような強気な売買も見られるが、上に飛び出そうとすると頭を叩かれるような売りが入り、雲の中出の揉み合いとなっている。保ち合いは放れにつけであるから、現時点では方向感が出て来るのを待つタイミングであるトレード日誌
posted by さすけ at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

反発

NY高を受けて反発だが、いまだネックライン、25日線の下に位置しており、買いは油断が出来ない状態トレード日誌
posted by さすけ at 20:38| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

グラフ

先物グラフ.jpg

画像は225先物の折れ線グラフ。大引け値で前回の安値を割り込んでいるのが分かる。天井からの急激な下げ方を見て欲しい。下げ方にこれだけの勢いがついていると、持ち直すのにも相当な力を要するだろう。底打ちを待つとは、このような下げの威力を受け止めたと判断出来るチャートが出るのを待つことである。それまでは、売り方優位の展開が続く可能性が高い。
posted by さすけ at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急落

日経平均は、NY市場とCMEの急落を受けて、寄付きから大きく窓を空けて下げた。その後も下げトレンドが継続して、大引けにかけても売られる展開となった。二番底か底割れに注意と書いてきたが、そのような動きとなっている。現物はまだ踏み止まっているが、先物の折れ線グラフでは、前回の安値を割っており、危険な状態。明日自律反発があったとしても、引き続き下げトレンドの継続に注意が必要だろうトレード日誌
posted by さすけ at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

反落

密かに弱含んでいた相場だが、今日は自律反発の買い戻しが続かず反落。上昇途上の押し目の可能性もあり、即断はできないが、二番底、底割れなどの可能性も考えておく必要があるだろうトレード日誌
posted by さすけ at 19:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

買い続く

反発の勢いが続き、続伸。17500円処には、しこりも多いと思われるため、そろそろ反落に注意すべき時かもしれないトレード日誌
posted by さすけ at 20:03| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

保ち合い

今日は方向感のない展開が続き、大きな保ち合い相場のような印象。昨日と一転して、買い上がる気迫は感じられなかった。上値では、利食い、やれやれ売りも多いようだ。週明けは、二番底を探る動きに注意しておく必要がある。まだ本格的に買える場面ではないトレード日誌
posted by さすけ at 22:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

急反発

現物の値上がりが裏付ける急反発。テクニカルも強気に転換する形となるため、明日以降も流れが強いなら、買いで乗ってゆくべきポイントトレード日誌
posted by さすけ at 21:44| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

反落

自律反発の勢いが続かず反落。円キャリートレードの失敗が、想定以上に響いている模様である。中国発がNY発に、そしていつのまにか金利上昇の東京発にという形で、責任の所在が一周してきた。欧州だけが寂しく蚊屋の外か。

明日の判断は難しい。テクニカル的には下げ方一杯という雰囲気であるが、雲を抜ければ手が付けられない状況にもなり得るだろう。トレードをしながら受け止めている値動き感覚は極めて弱い。投資家は昨年の3000円以上下げた時の事を思い出しておいた方が良いかもしれない。その時も、日本の量的緩和解除が引き金となった。

結論は、相場についてゆけであるトレード日誌
posted by さすけ at 20:09| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

反発

自律反発。今晩のNYが高ければ、明日東京も高く始まるとして、その後再び売りに押される展開を想定しておく時間帯。買いを入れるなら、二番底を確認してからだろうトレード日誌
posted by さすけ at 22:39| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

トレンド転換か

今日までの下げによって、日経平均は3か月周期の下げ波動入りした可能性が高まったと見ている。目先は、反発もあるだろうが、その後は二段下げに注意が必要だ。リバウンドがあるとすれば、明日あたりが山場であると思われるトレード日誌
posted by さすけ at 19:14| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

不安定な地合

本日も現物と先物は逆鞘で引けている。押し目買い楽観論が広がるな中、急なニ度目の崩落に巻き込まれないように注意したい。SQ通過までは、気の抜けない展開かトレード日誌
posted by さすけ at 20:44| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

世界同時株安

中国、アメリカ、日本と飛び火した世界同時株安。「上げ相場に変化なし、押し目は買い」と叫ぶ人達も多いが、焦らずとも「市場は明日もある」が正解だろう。暴落の余波が、どの程度作用するのかには不透明感もあるため、各自、扱っている商品・銘柄のチャートと相談しながら対応を決めるべきだろう。日計りなら日計り、長期なら長期に徹するという方針堅持も必要。山師的発想は怪我の元トレード日誌
posted by さすけ at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

5日線の攻防

昨日の陰線を引き継いで、調整色が強まったが、大引けで5日線は維持した。目先は下げ圧力が高まる展開かトレード日誌
posted by さすけ at 15:11| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

上値重い

寄付きは高く始まったが、伸びがなかった。後から聞いた話では、相場の強さに恐れをなした筋が、SQを意識したヘッジ買いを入れたのに対して、先物の利食い売りがぶつかったとのことだが、あるいはそういうこともあるのかもしれない。目先は、少し休みが入る可能性もあるだろう。トレード日誌
posted by さすけ at 18:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

棒上げ

迫力のある相場が続いている。普通なら、いつ調整が入ってもおかしくない状況であるが、昨年までの経験則が通用しない状態だ。

トレード日誌

寄付き直後は乱高下となり、危険な雰囲気が漂っていた。急落後に反発サインが出たので、買い指し値注文を出したが、これが通らず。高値を更新したところで、再び買いポジションを取ったが、思うような値動きにならず、1ティックのロスカットや同値撤退を何度か強いられた。10時前に、小さな売りサインが完成したので、売りポジションを取ったが、相場は下値が頑強で、その後は苦しい戦いとなった。いつ急反発に転じてもおかしくない程度の売りサインであったため、一時も油断ができない。前引けが近づいたが、後場寄りで相場は少し下がるという確信を持ったので、ショートポジションはそのまま維持した。

後場に入って、予想通り相場は下に向かった。大きめの陰線が出た後で、下値の固さを感じたので、直ぐにポジションを手仕舞った。午後は外出の用があったので、取引きはそこで終了。最後の取引きは利食いとなったが、前場での失敗まではカバーできず、収支は若干のマイナスだ。

13時過ぎに、3分足で陽の花吹雪のようなチャートを作った後、相場は急伸した。ここからの上げに乗れなかったのは、残念である。多くのトレーダーにとって、この場面でロングを持てたかどうかが明暗を分けたと思われる。チャンスを待つことの重要性を噛み締めた一日だった。
posted by さすけ at 21:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

18000円突破

相当過熱感の高まる状況だが、本日は寄り付きから日経平均が6年9か月ぶりに18000円を超えて、市場では強気ムードが高まる状況となっている。ここからは、長期投資なら長期投資で、きっちりと押し目買いに徹してゆくか、デイトレならデイトレで、一日の動きだけに徹するかというような、しっかりとした方針の有無が、勝敗を分けそうだ。トレード日誌
posted by さすけ at 19:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

0.5%に

場中に日銀が0.25%の利上げを決定した直後は急落したが、その後は下値が固かった。得体の知れない買い物が湧いてくる感覚は、去年までとは異なった感覚。引き続き一時的な調整に注意しながらの投資。懸念は裁定買い残と外資系の反対売買。
posted by さすけ at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。